緩和ケアイベント開催のお知らせ

当院では、“ホスピス緩和ケア週間”に併せて、がん・緩和ケアに関連したイベントを開催いたします。

 “ホスピス緩和ケア週間”は世界ホスピス緩和ケアデーを最終日とした1週間と決まっており、今年は2018年10月7日(日)〜13日(土)になります。
日本ホスピス緩和ケア協会、日本緩和医療学会、日本死の臨床研究会が
協力して会員に呼びかけ、全国で緩和ケアの普及啓発に取り組んでいるものです。当院も2011年から取り組みを開始し、8年目を迎えます。


期間中の10月9日(火)〜12日(金)は、ホスピタルストリート中央(1階南棟入り口付近)において、緩和ケアのシンボルであるオレンジバルーンの飾り付けの中、緩和ケアに関する内容のパネル展示を行います。
10月11日(木)は、イベント日です。ミニセミナー「誤解していませんか?緩和ケア」や人形劇の開催、笑いのヨガ体験などを企画しています。また、緩和ケアに関するメッセージ付ティッシュの配布のほか、治療や痛みのこと、生活やお金・仕事のこと、心配・不安なことについてなど「がんに関する悩み」に応じるがん相談コーナーや、冊子やパンフレット、書籍、栄養補助食品など、がん・緩和ケアに関する情報をお届けします。

「がん」は2人に1人がかかる病と言われています。緩和ケアは、がんの治療ができなくなってから始めるものではありません。重い病気を抱える患者様やそのご家族一人一人の身体や心などのつらさを和らげ、より豊かな人生を送ることができるように支えていくケアであり、がんと診断された時から始めます。

これらのイベントによって、より広く、正確に緩和ケアについて知っていただき、緩和ケアを身近なものとして感じていただければ、うれしく思います。是非、多くの方に足を運んで頂きますようお願い致します。

 
   

緩和ケアチーム