歯科・歯科口腔外科

 

  月  火  水  木  金 
午前 島西
出張医
島西
出張医
島西
出張医
島西 島西
午後 島西
出張医
島西
出張医
島西
出張医
島西 ※島西


※ 午前・午後共に予約が必要です
※ 14:00からの診療になります

診療内容

 当院は総合病院の歯科口腔外科の特徴を活かすため、口腔外科疾患を有する患者様、他の診療科の入院患者様、外部医療機関から紹介を受けた患者様を主に診療しており、歯科口腔外科として入院治療や全身麻酔手術も数多く行っています。歯科口腔外科が扱う疾患には歯が原因となるものから癌まで様々なものが存在します。また交通事故やスポーツによる顎顔面外傷、顎変形症、唾液腺疾患、さらに口腔粘膜疾患、神経性疾患、口臭症などの内科的疾患も含まれます。口腔・顎・顔面領域の疾患は咀嚼、嚥下、発音などの機能的障害に加えて審美的障害も生じることがあります。その治療には機能の温存のみではなく、整容的な面を考えた治療が必要です。時には機能的・形態的再建手術が必要になる場合もあります。もし機能的・形態的再建手術が必要になる場合は札幌医科大学附属病院と連携して治療にあたります。
 近年、がん治療における口腔機能管理(口腔ケアを含む)が重要視されています。以前より医科歯科連携の重要性は様々な面で指摘されていましたが、がん治療における口腔機能管理に関して、がん治療中は当然のことながら治療前や治療後および緩和ケアに至るまで対象範囲が広がっています。このような中、当科でも口腔機能管理に力を入れており、がん診療科との密接な連携をとっています。さらに、外科や心臓血管外科等の周術期口腔ケアにも力を入れており、口腔を起因とするトラブルを未然に防ぐよう心がけております。ビスフォスフォネート製剤(ゾレドロン酸など)や抗RANKL抗体製剤(デノスマブなど)による骨吸収抑制薬関連顎骨壊死の患者数増加や血管新生阻害薬(ベバシズマブなど)による薬剤関連顎骨壊死の患者数増加も問題となっており、その治療に難渋している例も見られます。当院では高気圧酸素療法室を備えているため、高気圧酸素療法を併用した治療が可能です。
 当科は口腔外科専門の診療科として原則予約制になっております(緊急の処置を要する急患は除く)。また虫歯や歯周病の治療あるいは義歯の治療といった開業歯科医院でも治療が可能な疾患は、開業歯科医院の受診をお勧めする場合があります。

島西 真琴(シマニシ マコト) 歯科口腔外科主任科長

平成19年卒
職歴
札幌医科大学、洞爺協会病院、登別三愛病院
資格
医学博士、日本口腔外科学会認定医

平成29年4月より新たに診療科長として勤務致します。大学病院での知識と経験を活かし、地域の皆様の医療に最大限貢献する診療科となれるよう尽力致します。どうぞよろしくお願い致します。

出張 裕也(デハリ ヒロナリ)出張医

平成9年卒  

都倉 尭明(トクラ タカアキ)出張医

平成25年卒  

笹谷 聖(ササヤ タカシ)出張医

平成26年卒  

畠中 柚衣(ハタナカ ユイ)出張医

平成28年卒